むくむ原因は?肌荒れと関係あるの?

女性の方々むくみと肌荒れに悩まされているひとは多いと思います。ではなぜむくむのか?肌荒れるのは関係ある?などと原因を一つずつ調べてみたいと思います。

なぜむくむの?

まず女性は男性に比べむくみやすい傾向にあります。それは何故かといいますと、ずばり筋肉の量です。男性に比べると筋肉の量が少ない為、血流が悪くなりやすいとされています。

では、どんな時にむくみを感じますか?きっと立ち仕事で1日中立っていたり、デスクワークで長時間座っていたりしてるときに多いと思います。

これがむくみにどう関係しているのかといいますと、通常、血液は心臓から全身に送り出されます。

その後、重力に逆らいながら再び心臓の所まで戻ってくるには、ポンプの力の役割をする筋肉が必要となるのです。筋肉が血液を送り出すのです。

筋肉を動かすことで収縮を繰り返し、ポンプとしての役割を果たしますが、座りっぱなし・立ちっぱなしなどとずっと同じ姿勢を続けることにより、筋肉を動かすことが少なくなり、収縮が繰り返されないことで心臓から送り出された血液が下半身に溜まっていくのです。

これがむくみの原因と言われています。仕事前は難なく履いていたデニムも仕事が終わり帰る時にきつくて履けないなんてことがあるのは、下半身がむくんでいるからなんですね。

むくみと肌あれの関係は?

o3821

むくむ原因は食生活だったり、運動不足だったり、睡眠不足だったりと他にもたくさんあります。しかし、顔がむくむことが直接的に肌荒れに関係してるわけではありません。

むくみと肌荒れに一番共通しているのがストレスと喫煙です。ストレスが溜まることで自律神経が乱れてしまい、体の機能が健康体よりも低下してしまいます。またストレスが溜まると笑顔がなかなか出なくなり、ムッとした顔ばかりになってしまいますよね?

そうなると顔の筋肉が動かされずに血流が悪くなることで顔がむくむということに繋がるののです。それにより老廃物の排出もうまくいかなくなり、顔に老廃物が溜まることで肌荒れにもなるのです。

喫煙は体温を下げる働きをします。それにより体が冷え、血行が悪くなるのが原因で顔がむくみます。それだけでなく、喫煙は動脈硬化などの病気を引き起こす恐れがあります。そのような病気が原因でもむくみは発生します。新陳代謝も下がるため、肌荒れにもなるのです。

以上のことでなぜむくむのか?肌荒れとの関係は?が少しわかったことと思います。これからはむくみと肌荒れの解消法について紹介していきます。

むくみと肌あれの解消法は?

まず一つに食生活です。濃い味の食べ物ばかり食べていると塩分の摂取量が増え、体内の水分と塩分のバランスが崩れてしまいます。

結果むくみと肌荒れに繋がりますので、偏食はやめバランスの良い食事をとるようにしましょう。またアルコールの摂取により体内で血中のアルコール濃度を下げようと身体が水分を溜め込みます。これもむくむ原因です。

またアルコールを摂ることで、肝機能の低下、水分の排出量が増えるなどと肌荒れの原因ともなりますので、なるべく控えるようにしましょう。

むくみに効く栄養素として、塩分を排出するカリウム、体の老廃物を排出してくれ、新陳代謝を良くし血行も良くするビタミンC、血液の酸化を防ぎながら血液循環を促してくれるビタミンEが有名です。

むくみに効く栄養素は肌にもいいのばかりですので、これらのものを摂取することで、両方を改善することになります。一度にこれらの栄養素を取りたいのであればプルーンがオススメです。

食生活を見直すだけで、むくみと肌荒れは良くなりますので、気になる方は食生活を改善しましょう。

次にストレスを溜めないことです。ストレスを溜めるとむくみや肌荒れだけではなく、その他健康面でも良くありません。

なので自分なりのストレス解消法は見つけましょう。先ほどアルコールは良くない話をしましたが、お酒を飲むことがストレス解消法だという方もいらっしゃると思います。そんな人は飲む日と飲まない日をしっかり分けるようにするといいですね。

自律神経が整うことで体内の血流が良くなりますので、むくみや肌荒れに効果的ですよ。

最後に禁煙です。喫煙は百害あって一利なしと言う通り、良いことはありません。むくみや肌荒れというよりも、自分自身の健康体の為にも禁煙するようにしましょう。

最後に、むくみと肌荒れは直接的な関係性はないにしろ、なる原因は同じところにあります。

むくみによって「下肢静脈瘤」という病気が引き起こされることがあり、これが悪化すると、潰瘍ができてしまう可能性もあります。ですので、「.明日からでいいや」とかじゃなく今この時からむくまない生活をしていきましょう。

むくみと肌荒れは、ホルモンバランスの乱れから

あなたはむくみや肌荒れに困っていませんか?女性は特に年齢を重ねると、肌荒れなどの肌トラブルが多く起きます。

また、むくみも加齢による水分代謝低下で起こってきます。これらの根本的な原因は全て女性ホルモンが原因で起こるとされています。それでは詳しく説明していきます。

むくみと肌荒れの原因

根本的な原因は、女性ホルモンの乱れです。女性ホルモンとは女性が生きていく上で多くの役割を果たします。

女性ホルモンは脂溶性ホルモンといって、水に溶けないホルモンなので、排泄によって体外に出されないものです。つまり、女性ホルモンのバランスは普通に健康的な生活を送っていれば乱れることはありません。

しかし、不規則な生活、食事内容の偏り、運動不足などによって女性ホルモンが不足したり、過剰に分泌したりします。これによって、むくみや肌荒れが誘発されるのです。

むくみや肌荒れはホルモンバランスの乱れのサインだと考えるべきでしょう。

肌荒れやむくみに関して女性ホルモンの影響が大きいのですが、普段からバランスの良い食事や、各症状をおさえるような栄養素を摂ることで症状を抑えることができます。

女性ホルモンによる肌荒れはビタミンやミネラルを意識的に摂取すること、むくみに関しては不足しがちなカリウムを摂取するようにしましょう。

女性ホルモンバランスを保つには?

923709

女性ホルモンバランスの乱れが、むくみと肌荒れを引き起こしていることはお伝えしました。つまり、むくみが出たからといって、加圧タイツを履いたり、リンパマッサージなどをしても一時的な効果しかありません。

また、肌荒れもどれだけ洗顔に気を付けて、化粧水、保水液などにこだわっても、現状を維持することしかできません。

むくみ、肌荒れ改善法は、女性ホルモンを一定のレベルで維持することが重要です。

そして、 女性ホルモンバランスを保つ方法は、股関節周りと首回りのトレーニングが効果的なのです。

また、便秘がちの女性は腸のむくみになっている可能性が高いです。これも腸のマッサージなどをして、腸の緊張をほぐすことが大切です。

腸のがむくんでいる状態だと便秘にもなり、そこから肌荒れやむくみにつながります。

むくみ腸は、大腸の壁が余分な水分をたっぷり吸収している状態のことです。

引用 【体重が驚くほど減った】むくみ腸3つの改善法で便秘解消

女性ホルモンはどこで分泌されるのか?

081-84

女性ホルモンが分泌されるのは、脳と子宮内です。そのため脳を含め頭を支える首と、子宮を骨盤内に正常な位置にホールドしておく股関節の機能を高める必要があるのです。

むくみや肌荒れに悩む方の多くは、姿勢の変異、または出産による骨盤帯の乱れによる女性ホルモンバランスの乱れを生んでいます。

そのため、スクワットトレーニングで股関節、骨盤周りの筋肉を鍛え、骨盤と股関節の動きを正常に保つ必要があります。また、首回りの筋肉が弱くなると、脳が貧血状態を起こしかねません。

脳内の血流量が減れば、自ずと脳の機能も低下し、ホルモンのバランスが取れなくなります。首のストレッチや首を大きく回すなど、首をしっかり動かしておくと良いでしょう。

おわりに

むくみや肌荒れは特にその場凌ぎの対処法をやってしまいがちです。しかし、それは体からの危険サインの1つです。まずは健康的な生活を取り戻すことから始めることです。それが最短で最も効果のある方法になります。