むくむ原因は?肌荒れと関係あるの?

女性の方々むくみと肌荒れに悩まされているひとは多いと思います。ではなぜむくむのか?肌荒れるのは関係ある?などと原因を一つずつ調べてみたいと思います。

なぜむくむの?

まず女性は男性に比べむくみやすい傾向にあります。それは何故かといいますと、ずばり筋肉の量です。男性に比べると筋肉の量が少ない為、血流が悪くなりやすいとされています。

では、どんな時にむくみを感じますか?きっと立ち仕事で1日中立っていたり、デスクワークで長時間座っていたりしてるときに多いと思います。

これがむくみにどう関係しているのかといいますと、通常、血液は心臓から全身に送り出されます。

その後、重力に逆らいながら再び心臓の所まで戻ってくるには、ポンプの力の役割をする筋肉が必要となるのです。筋肉が血液を送り出すのです。

筋肉を動かすことで収縮を繰り返し、ポンプとしての役割を果たしますが、座りっぱなし・立ちっぱなしなどとずっと同じ姿勢を続けることにより、筋肉を動かすことが少なくなり、収縮が繰り返されないことで心臓から送り出された血液が下半身に溜まっていくのです。

これがむくみの原因と言われています。仕事前は難なく履いていたデニムも仕事が終わり帰る時にきつくて履けないなんてことがあるのは、下半身がむくんでいるからなんですね。

むくみと肌あれの関係は?

o3821

むくむ原因は食生活だったり、運動不足だったり、睡眠不足だったりと他にもたくさんあります。しかし、顔がむくむことが直接的に肌荒れに関係してるわけではありません。

むくみと肌荒れに一番共通しているのがストレスと喫煙です。ストレスが溜まることで自律神経が乱れてしまい、体の機能が健康体よりも低下してしまいます。またストレスが溜まると笑顔がなかなか出なくなり、ムッとした顔ばかりになってしまいますよね?

そうなると顔の筋肉が動かされずに血流が悪くなることで顔がむくむということに繋がるののです。それにより老廃物の排出もうまくいかなくなり、顔に老廃物が溜まることで肌荒れにもなるのです。

喫煙は体温を下げる働きをします。それにより体が冷え、血行が悪くなるのが原因で顔がむくみます。それだけでなく、喫煙は動脈硬化などの病気を引き起こす恐れがあります。そのような病気が原因でもむくみは発生します。新陳代謝も下がるため、肌荒れにもなるのです。

以上のことでなぜむくむのか?肌荒れとの関係は?が少しわかったことと思います。これからはむくみと肌荒れの解消法について紹介していきます。

むくみと肌あれの解消法は?

まず一つに食生活です。濃い味の食べ物ばかり食べていると塩分の摂取量が増え、体内の水分と塩分のバランスが崩れてしまいます。

結果むくみと肌荒れに繋がりますので、偏食はやめバランスの良い食事をとるようにしましょう。またアルコールの摂取により体内で血中のアルコール濃度を下げようと身体が水分を溜め込みます。これもむくむ原因です。

またアルコールを摂ることで、肝機能の低下、水分の排出量が増えるなどと肌荒れの原因ともなりますので、なるべく控えるようにしましょう。

むくみに効く栄養素として、塩分を排出するカリウム、体の老廃物を排出してくれ、新陳代謝を良くし血行も良くするビタミンC、血液の酸化を防ぎながら血液循環を促してくれるビタミンEが有名です。

むくみに効く栄養素は肌にもいいのばかりですので、これらのものを摂取することで、両方を改善することになります。一度にこれらの栄養素を取りたいのであればプルーンがオススメです。

食生活を見直すだけで、むくみと肌荒れは良くなりますので、気になる方は食生活を改善しましょう。

次にストレスを溜めないことです。ストレスを溜めるとむくみや肌荒れだけではなく、その他健康面でも良くありません。

なので自分なりのストレス解消法は見つけましょう。先ほどアルコールは良くない話をしましたが、お酒を飲むことがストレス解消法だという方もいらっしゃると思います。そんな人は飲む日と飲まない日をしっかり分けるようにするといいですね。

自律神経が整うことで体内の血流が良くなりますので、むくみや肌荒れに効果的ですよ。

最後に禁煙です。喫煙は百害あって一利なしと言う通り、良いことはありません。むくみや肌荒れというよりも、自分自身の健康体の為にも禁煙するようにしましょう。

最後に、むくみと肌荒れは直接的な関係性はないにしろ、なる原因は同じところにあります。

むくみによって「下肢静脈瘤」という病気が引き起こされることがあり、これが悪化すると、潰瘍ができてしまう可能性もあります。ですので、「.明日からでいいや」とかじゃなく今この時からむくまない生活をしていきましょう。

むくみと肌荒れは、ホルモンバランスの乱れから

あなたはむくみや肌荒れに困っていませんか?女性は特に年齢を重ねると、肌荒れなどの肌トラブルが多く起きます。

また、むくみも加齢による水分代謝低下で起こってきます。これらの根本的な原因は全て女性ホルモンが原因で起こるとされています。それでは詳しく説明していきます。

むくみと肌荒れの原因

根本的な原因は、女性ホルモンの乱れです。女性ホルモンとは女性が生きていく上で多くの役割を果たします。

女性ホルモンは脂溶性ホルモンといって、水に溶けないホルモンなので、排泄によって体外に出されないものです。つまり、女性ホルモンのバランスは普通に健康的な生活を送っていれば乱れることはありません。

しかし、不規則な生活、食事内容の偏り、運動不足などによって女性ホルモンが不足したり、過剰に分泌したりします。これによって、むくみや肌荒れが誘発されるのです。

むくみや肌荒れはホルモンバランスの乱れのサインだと考えるべきでしょう。

肌荒れやむくみに関して女性ホルモンの影響が大きいのですが、普段からバランスの良い食事や、各症状をおさえるような栄養素を摂ることで症状を抑えることができます。

女性ホルモンによる肌荒れはビタミンやミネラルを意識的に摂取すること、むくみに関しては不足しがちなカリウムを摂取するようにしましょう。

女性ホルモンバランスを保つには?

923709

女性ホルモンバランスの乱れが、むくみと肌荒れを引き起こしていることはお伝えしました。つまり、むくみが出たからといって、加圧タイツを履いたり、リンパマッサージなどをしても一時的な効果しかありません。

また、肌荒れもどれだけ洗顔に気を付けて、化粧水、保水液などにこだわっても、現状を維持することしかできません。

むくみ、肌荒れ改善法は、女性ホルモンを一定のレベルで維持することが重要です。

そして、 女性ホルモンバランスを保つ方法は、股関節周りと首回りのトレーニングが効果的なのです。

また、便秘がちの女性は腸のむくみになっている可能性が高いです。これも腸のマッサージなどをして、腸の緊張をほぐすことが大切です。

腸のがむくんでいる状態だと便秘にもなり、そこから肌荒れやむくみにつながります。

むくみ腸は、大腸の壁が余分な水分をたっぷり吸収している状態のことです。

引用 【体重が驚くほど減った】むくみ腸3つの改善法で便秘解消

女性ホルモンはどこで分泌されるのか?

081-84

女性ホルモンが分泌されるのは、脳と子宮内です。そのため脳を含め頭を支える首と、子宮を骨盤内に正常な位置にホールドしておく股関節の機能を高める必要があるのです。

むくみや肌荒れに悩む方の多くは、姿勢の変異、または出産による骨盤帯の乱れによる女性ホルモンバランスの乱れを生んでいます。

そのため、スクワットトレーニングで股関節、骨盤周りの筋肉を鍛え、骨盤と股関節の動きを正常に保つ必要があります。また、首回りの筋肉が弱くなると、脳が貧血状態を起こしかねません。

脳内の血流量が減れば、自ずと脳の機能も低下し、ホルモンのバランスが取れなくなります。首のストレッチや首を大きく回すなど、首をしっかり動かしておくと良いでしょう。

おわりに

むくみや肌荒れは特にその場凌ぎの対処法をやってしまいがちです。しかし、それは体からの危険サインの1つです。まずは健康的な生活を取り戻すことから始めることです。それが最短で最も効果のある方法になります。

しみ・そばかすを作らせない日焼け止めの選び方

美白ケアで大事なことは紫外線予防と、美白のスキンケアを同時に行うことです。

肌は紫外線を浴びると、始めは日焼けや肌が赤くなるという症状が現れますが、紫外線のダメージは肌にどんどん蓄積されるので美白ケアを怠っているとシミやそばかすとして肌の表面に現れてくるのです。皆さんご存知の通り、夏場が1番紫外線量が多いですが冬も紫外線はあるのです。

hsouh

なので日焼け止めは、外に出る際は必ずつけて下さい。しかし、時期によって紫外線の強さも違うので日焼け止めを変えることが必要となります。それは、日焼け止めの刺激が強いものばかり使っていると肌は乾燥しますし、逆に効力が弱いと日焼け、シミの原因となるからです。

しみ・そばかすを作らせない日焼け止めの選び方

ここからは日焼け止めの選び方の注意点を伝えていきます。

紫外線の中には3種類の波があり、その中の紫外線B波が肌表面の赤くなる炎症起こしたり、メラニン色素をつくって色素沈着となりシミやソバカスの原因をつくっています。

posjpo

日焼け止めに記載されているSPFはこのB波をどれだけ防御できるかという数値を表しています。

紫外線を浴びて日焼けするのにだいたい15〜20分かかるのですが、SPF50であればそれを50倍遅らせることができるということなので、長時間外出やレジャー向けになります。ちょっとした買い物などであればSPFが低いものにして下さい。あくまでダメージを遅らせるものなので、こまめに塗り直すことです。

次にPAですが、これは紫外線A波を防ぐ効力度になります。紫外線A波は肌の奥深くの真皮層というところまで届き肌内部に活性酸素を作り出し、コラーゲンやエラスチンなどハリ弾力を保つ細胞を破壊します。その為ダメージを受け続けるとシワやたるみにつながります。

PAの+が多ければ多いほど効力が強くなる為、夏は多く冬は少ないものを選びましょう。

ダメージを受けた肌をケアするときの注意点

日焼け止めは完全に紫外線を防御出来るわけではないので、ダメージを受けた肌をケアしてあげるのが毎日のスキンケアです。美白化粧品を選ぶに当たって大事なのは配合成分を確認することです。

1番効果的で今あるシミを薄くしてくれるのがビタミンC、ハイドロキノン、プラセンタエキスです。

そのなかでも、しみやそばかすに効果的な成分は、ハイドロキノンです。皮膚科でも処方されている成分なので、効果は高いのですが、成分自体が不安定なので、信頼できる化粧品メーカーのものを利用するか、皮膚科で処方してもらうのが良いでしょう。

予防してくれるのが、アルブチン、エラグ酸、コウジ酸などです。

注意点としては、美白成分は使用しすぎると乾燥しやすくなる為、これらが入っている化粧水や美容液を使いながら保湿効果のある乳液やクリームを同時に使うことです。美白ケアは、ダメージも季節やその方の肌によって違うので自分に合った正しいケアをしましょう。

シミやくすみを作らないための日焼け対策

皆様はお肌のケアについてどのようにお考えでしょうか?やはりシミが多かったり、くすんだお肌をしているよりは、色白で綺麗なお肌をしている方が男性からの受けもいいですし、女性としてはいつまでも美しくありたいと言う願望は少なからず誰しも一度は思った事があるでしょう。そこで本日は、美白ケアについてのお話をさせて頂きます。

美白ケアのための日焼け対策

hsi

いくら美白ケアを日々頑張っていても、日焼けをする事により、シミやくすみの原因を作ってしまっていては本末転倒です。皆様は日焼けの対策をどのようにしておりますか?

“日焼けをするのは夏だけ”と言う間違った知識をお持ちの方が時々見られます。しかし、紫外線と言うのは季節関係なく降り注いでいる事はご存知でしょうか?

「冬だから〜、涼しくなってきて日があまり出てないから〜」と言う概念は間違いで、オールシーズンどの季節も日焼け止めクリームは必須なのです。では、「日焼け止めクリームを塗っていれば完璧なのか?」と言われますとそうではありません。

特に紫外線の強い季節はクリームだけでは効果が薄いため、日傘や帽子の着用をお勧めします。出来れば服装も白っぽい色の衣服よりも暗めの色の衣服の方が紫外線を通しにくいと言われておりますので、黒っぽい衣服をお勧めします。

美白と睡眠の関係性

ouhsou

先程は日焼け対策についてお話させて頂きましたが、日焼け対策のみを頑張っても睡眠不足による身体の疲労や、ストレスによりお肌の機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなってしまう問題もあります。

そのためより良い睡眠をとるために、眠る前にストレッチをしたり、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる睡眠時間に気を配る事で、お肌への負担を減らす事も大切です。尚、お肌のゴールデンタイムは22時〜2時の間とされております。

美白化粧品について

美白化粧品と分類されている物は、シミの原因となるメラニンを排出する成分や、メラニンの原因となるチロシナーゼの活性化を抑制する成分が含まれた物です。

厚生労働省が認可している成分の一例は、ビタミンC誘導体、アルゴチン、ルシノール、トラネキサム酸、リノール酸、プラセンタエキス、エラグ酸等があります。

ただ美白化粧品と言いましても、沢山の種類がございますので、ご自身に合った美白化粧品を探す事から始めた方がベターでしょう。例えば乾燥肌の方や、敏感肌の方、そして脂性肌の方など個人のお肌の性質によって違いがありますから、合う物、合わぬ物がございます。

刺激を感じたり、使用してみて嫌な感じがした場合はすぐに使用中止すべきです。

シミ対策!美白化粧品を購入する時の注意点

肌が白いということは、女性にとって何よりも嬉しいことですね。そのため、できるだけ白い肌を目指したいと感じます。

また年と共に、増えてくるシミについてもなんとかしたいです。シミが増えてしまうと、本当に老け顔になってしまいます。老け顔になると、毎日鏡を見ることがいやになってしまいます。

シミ対策!美白化粧品を購入する時の注意点

jbsijh

そのため、そのしみ等に対して、ケアを行うことが大切です。そこで、そのケアを行う商品として美白化粧品を選択する人が多いですね。その時、注意をすることがあります。その注意点について、まとめてみました。

 

  • 刺激の少ない美白化粧品を選択する
  • 美白分が良いこととその成分の浸透力があるものを選択する
  • 安全に使うことが出来るものを選択する

刺激の少ない美白化粧品を選択する

化粧品を購入する時、その人にあったものを購入します。しかし、どれがあっているのかわからないですね。

そんな時には、できるだけ低刺激のものを購入することをおすすめします。そのように感じるのは、肌が刺激に対するバリア機能が少なくなっているからです。

特に年齢と共に、そのことを知ることがあります。年齢を重ねるごとに、肌の抵抗力が弱くなってくるのです。そのため、敏感肌でない人でも、化粧品を使うことによって、肌を痛めてしまうこともあります。そのため、できるだけ低刺激であることが大事ですね。無添加、無香料等、その点に注意して購入をするようにしましょう。

美白分が良いこととその成分の浸透力があるものを選択する

美白化粧品で大切なことは、美白成分が含まれているということですね。肌にとって、美白成分がしっかり浸透することが大事です。

housh

そのため、美白成分が良いことと、その浸透力が良いことが必要なのです。浸透力というのは、ナノ成分など、肌の奥に浸透することが出来るものがいいですね。すると、肌の奥に浸透して、その効果を期待することができます。

 

安全に使うことが出来るものを選択する

化粧品は、一番大事なこととして、安全に使うことが出来るということです。できれば日本製を使いたいですね。

または、安全性が認められている、厚生労働省が認めるものを購入しましょう。それは、肌にとって安心して使うことができる成分なので、とても安心です。

厚生労働省が認める美白成分は、こちらのページで紹介しています。

美白ケアは厚生労働省が認可している美白有効成分

美白化粧品は、長く使い続けていくものです。そのため、安心、安全に使うことができるものが大事です。そして、使っている時に、少しでもおかしいと思った時には、使うことを中止して、様子を見るようにします。それは、体調によってどんなに安全なものでも、症状が出ることがあるからです。そのことも留意しておきましょう。

美白ケアは厚生労働省が認可している美白有効成分

女性の肌に関する悩みは尽きないものですよね。特に年齢を感じさせてしまうのはシミやくすみではないでしょうか。

美白ケアする女性

加齢とともに肌は水分量が減少して乾燥肌や敏感肌になりやすく、それによって肌のバリア機能が低下するため、紫外線などの外部刺激に弱くなりシミやくすみの元となるメラニンを過剰に生成してしまうのです。美白ケアにより一層力を入れて、若々しさを感じさせる透明感のある肌を維持したいものですね。

厚生労働省が認可している美白有効成分

美白化粧品を選ぶ時は、厚生労働省が認可している美白有効成分が含まれているかを確認するようにしましょう。
20種類以上ある中から覚えておきたいのは、次の美白成分です。

ビタミンC誘導体 メラニン色素を還元して活性酸素を抑制する
ハイドロキノン 漂白作用があり、メラニン色素を薄くする
アルプチン メラニン色素の合成をシャットアウトする
コウジ酸 メラニン色素を生成するチロシナーゼを抑制する
ルシノール メラニン色素を抑制する
トラネキサム酸 皮膚科で処方されるシミ治療の外用薬によく含まれる

これらの成分を確認すれば、高い安全性、有効性のもとで美白ケアができるでしょう。

薬事法による美白化粧品の定義は「メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐです。使用してすぐにシミが消えるという即効性はなく、使い続けることで徐々にシミやそばかすを薄くするというものです。日々のスキンケアとして取り入れるといずれ効果が実感できるでしょう。

メラニンの図

紫外線を浴びてしまった時は、すぐに美白化粧品でケアすればシミができるのを防げます。シミは紫外線を浴びてすぐにできるのではなく、数時間をかけてメラニン色素が生成されるのです。それまでにビタミンC誘導体の配合された美白化粧品でメラニン色素を排出してしまえばシミになるのを防げるというわけです。

美白ケアにはずっと取り組んでいるけれど、若い頃のように効果が感じられなくなってきたという人もいるでしょう。それは先述したように肌のバリア機能の低下によるもの。30代を過ぎると肌はだいぶ老化します。肌のバリア機能を高めることはすべての肌トラブルの改善につながる基本と言えます。それには一にも二にも「保湿」をすることです。

保湿することで肌の内部の水分を逃がさないようにすれば肌細胞が活性化し、肌のターンオーバーが正常に働くようになります。そうすれば美白ケアもより有効なものになるでしょう。保湿成分が含まれている美白化粧品も数多くあるので、自分に合うものを見つけて試してみては?

安く簡単な美白ケアについて、まずは知っておきたい情報

美白ケアの女性

美白ケアといっても色々な方法がありますよね。今ではほとんどの女性が美白ケアをしている時代ですが、みんなどんな美白ケアを行っているのでしょうか。

プチプラ美白ケアの前に、普段から簡単にできる美白ケアもありますので、ご紹介していきたいと思います。

  1. 紫外線の対策は一年中するべき
  2. 肌の保湿を忘れずに
  3. 食生活も大切
  4. 普段の生活から
  5. 美白化粧品は最低でも3ヶ月は続けること

1.紫外線の対策は一年中するべき

冬には日焼け止めを使用していない人が多いのではないでしょうか。紫外線は一年中、降り注いでいます。

日焼け止めを塗っていない場合は、化粧下地やファンデーションを日焼け止め成分が入っているものを使用すると良いでしょう。紫外線は、シミやソバカスの原因になってしまいますので、一年中紫外線対策をするようにしましょう。首やデコルテなどにも塗るといいです。

2.肌の保湿を忘れずに

美白に保湿が関係あるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。肌にたっぷりの潤いと栄養を与えることで、肌の新陳代謝が活性化し、肌のハリと弾力のもとであるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が充分に作られるようになります。

また、美白成分が入っている化粧品を使用することで、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えることができます。美白のためには肌の水分が欠かせません。肌をしっかりと潤すことで、シミやたるみを防いでくれ、美容成分を肌の奥までしっかり届けてくれるからです。ですので、化粧水や乳液は、保湿力の高いものを選びましょう。

3.食生活も大切

まずは、血行を良くしてビタミンCを摂ることです。ビタミンのはお肌に良いとされている成分がたくさん入っていますからね。

また、お肌のためにはアルカリ性の食べ物を多く摂取するほうが良いと考えられています。偏った食生活にならないように、普段から考慮しながら色んな種類の食べ物を食べるようにしましょう。

4.普段の生活から

夜更かし・睡眠不足・タバコ・精神的なストレスはお肌には大敵です。ストレスを溜めないようにして、睡眠をしっかりととることが大切です。

肌荒れをしないように、早寝早起きの習慣づけるようにしましょう。また、お風呂に入るときに美白や美肌成分の入っている入浴剤を使用すると、白肌にとても効果があります。

5.美白化粧品は最低でも3ヶ月は続けること

美白ケアのイメージ

美白化粧品の効果が現れるには、かなり個人差があります。使用し始めてすぐに効果がないからと言って使用をやめるのではなく、最低3ヶ月は持続するようにしましょう。

しかし、半年以上たっても効果が現れないときは、それ以上期待はできないと判断して良いそうです。

普段の生活から、ちょっと気をつけるだけで美白ケアができます。簡単にできることばかりですので、ぜひ実践して美白を手に入れたいですね。