むくみと肌荒れは、ホルモンバランスの乱れから

あなたはむくみや肌荒れに困っていませんか?女性は特に年齢を重ねると、肌荒れなどの肌トラブルが多く起きます。

また、むくみも加齢による水分代謝低下で起こってきます。これらの根本的な原因は全て女性ホルモンが原因で起こるとされています。それでは詳しく説明していきます。

むくみと肌荒れの原因

根本的な原因は、女性ホルモンの乱れです。女性ホルモンとは女性が生きていく上で多くの役割を果たします。

女性ホルモンは脂溶性ホルモンといって、水に溶けないホルモンなので、排泄によって体外に出されないものです。つまり、女性ホルモンのバランスは普通に健康的な生活を送っていれば乱れることはありません。

しかし、不規則な生活、食事内容の偏り、運動不足などによって女性ホルモンが不足したり、過剰に分泌したりします。これによって、むくみや肌荒れが誘発されるのです。

むくみや肌荒れはホルモンバランスの乱れのサインだと考えるべきでしょう。

肌荒れやむくみに関して女性ホルモンの影響が大きいのですが、普段からバランスの良い食事や、各症状をおさえるような栄養素を摂ることで症状を抑えることができます。

女性ホルモンによる肌荒れはビタミンやミネラルを意識的に摂取すること、むくみに関しては不足しがちなカリウムを摂取するようにしましょう。

女性ホルモンバランスを保つには?

923709

女性ホルモンバランスの乱れが、むくみと肌荒れを引き起こしていることはお伝えしました。つまり、むくみが出たからといって、加圧タイツを履いたり、リンパマッサージなどをしても一時的な効果しかありません。

また、肌荒れもどれだけ洗顔に気を付けて、化粧水、保水液などにこだわっても、現状を維持することしかできません。

むくみ、肌荒れ改善法は、女性ホルモンを一定のレベルで維持することが重要です。

そして、 女性ホルモンバランスを保つ方法は、股関節周りと首回りのトレーニングが効果的なのです。

また、便秘がちの女性は腸のむくみになっている可能性が高いです。これも腸のマッサージなどをして、腸の緊張をほぐすことが大切です。

腸のがむくんでいる状態だと便秘にもなり、そこから肌荒れやむくみにつながります。

むくみ腸は、大腸の壁が余分な水分をたっぷり吸収している状態のことです。

引用 【体重が驚くほど減った】むくみ腸3つの改善法で便秘解消

女性ホルモンはどこで分泌されるのか?

081-84

女性ホルモンが分泌されるのは、脳と子宮内です。そのため脳を含め頭を支える首と、子宮を骨盤内に正常な位置にホールドしておく股関節の機能を高める必要があるのです。

むくみや肌荒れに悩む方の多くは、姿勢の変異、または出産による骨盤帯の乱れによる女性ホルモンバランスの乱れを生んでいます。

そのため、スクワットトレーニングで股関節、骨盤周りの筋肉を鍛え、骨盤と股関節の動きを正常に保つ必要があります。また、首回りの筋肉が弱くなると、脳が貧血状態を起こしかねません。

脳内の血流量が減れば、自ずと脳の機能も低下し、ホルモンのバランスが取れなくなります。首のストレッチや首を大きく回すなど、首をしっかり動かしておくと良いでしょう。

おわりに

むくみや肌荒れは特にその場凌ぎの対処法をやってしまいがちです。しかし、それは体からの危険サインの1つです。まずは健康的な生活を取り戻すことから始めることです。それが最短で最も効果のある方法になります。