美白ケアは厚生労働省が認可している美白有効成分

女性の肌に関する悩みは尽きないものですよね。特に年齢を感じさせてしまうのはシミやくすみではないでしょうか。

美白ケアする女性

加齢とともに肌は水分量が減少して乾燥肌や敏感肌になりやすく、それによって肌のバリア機能が低下するため、紫外線などの外部刺激に弱くなりシミやくすみの元となるメラニンを過剰に生成してしまうのです。美白ケアにより一層力を入れて、若々しさを感じさせる透明感のある肌を維持したいものですね。

厚生労働省が認可している美白有効成分

美白化粧品を選ぶ時は、厚生労働省が認可している美白有効成分が含まれているかを確認するようにしましょう。
20種類以上ある中から覚えておきたいのは、次の美白成分です。

ビタミンC誘導体 メラニン色素を還元して活性酸素を抑制する
ハイドロキノン 漂白作用があり、メラニン色素を薄くする
アルプチン メラニン色素の合成をシャットアウトする
コウジ酸 メラニン色素を生成するチロシナーゼを抑制する
ルシノール メラニン色素を抑制する
トラネキサム酸 皮膚科で処方されるシミ治療の外用薬によく含まれる

これらの成分を確認すれば、高い安全性、有効性のもとで美白ケアができるでしょう。

薬事法による美白化粧品の定義は「メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐです。使用してすぐにシミが消えるという即効性はなく、使い続けることで徐々にシミやそばかすを薄くするというものです。日々のスキンケアとして取り入れるといずれ効果が実感できるでしょう。

メラニンの図

紫外線を浴びてしまった時は、すぐに美白化粧品でケアすればシミができるのを防げます。シミは紫外線を浴びてすぐにできるのではなく、数時間をかけてメラニン色素が生成されるのです。それまでにビタミンC誘導体の配合された美白化粧品でメラニン色素を排出してしまえばシミになるのを防げるというわけです。

美白ケアにはずっと取り組んでいるけれど、若い頃のように効果が感じられなくなってきたという人もいるでしょう。それは先述したように肌のバリア機能の低下によるもの。30代を過ぎると肌はだいぶ老化します。肌のバリア機能を高めることはすべての肌トラブルの改善につながる基本と言えます。それには一にも二にも「保湿」をすることです。

保湿することで肌の内部の水分を逃がさないようにすれば肌細胞が活性化し、肌のターンオーバーが正常に働くようになります。そうすれば美白ケアもより有効なものになるでしょう。保湿成分が含まれている美白化粧品も数多くあるので、自分に合うものを見つけて試してみては?