シミやくすみを作らないための日焼け対策

皆様はお肌のケアについてどのようにお考えでしょうか?やはりシミが多かったり、くすんだお肌をしているよりは、色白で綺麗なお肌をしている方が男性からの受けもいいですし、女性としてはいつまでも美しくありたいと言う願望は少なからず誰しも一度は思った事があるでしょう。そこで本日は、美白ケアについてのお話をさせて頂きます。

美白ケアのための日焼け対策

hsi

いくら美白ケアを日々頑張っていても、日焼けをする事により、シミやくすみの原因を作ってしまっていては本末転倒です。皆様は日焼けの対策をどのようにしておりますか?

“日焼けをするのは夏だけ”と言う間違った知識をお持ちの方が時々見られます。しかし、紫外線と言うのは季節関係なく降り注いでいる事はご存知でしょうか?

「冬だから〜、涼しくなってきて日があまり出てないから〜」と言う概念は間違いで、オールシーズンどの季節も日焼け止めクリームは必須なのです。では、「日焼け止めクリームを塗っていれば完璧なのか?」と言われますとそうではありません。

特に紫外線の強い季節はクリームだけでは効果が薄いため、日傘や帽子の着用をお勧めします。出来れば服装も白っぽい色の衣服よりも暗めの色の衣服の方が紫外線を通しにくいと言われておりますので、黒っぽい衣服をお勧めします。

美白と睡眠の関係性

ouhsou

先程は日焼け対策についてお話させて頂きましたが、日焼け対策のみを頑張っても睡眠不足による身体の疲労や、ストレスによりお肌の機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなってしまう問題もあります。

そのためより良い睡眠をとるために、眠る前にストレッチをしたり、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる睡眠時間に気を配る事で、お肌への負担を減らす事も大切です。尚、お肌のゴールデンタイムは22時〜2時の間とされております。

美白化粧品について

美白化粧品と分類されている物は、シミの原因となるメラニンを排出する成分や、メラニンの原因となるチロシナーゼの活性化を抑制する成分が含まれた物です。

厚生労働省が認可している成分の一例は、ビタミンC誘導体、アルゴチン、ルシノール、トラネキサム酸、リノール酸、プラセンタエキス、エラグ酸等があります。

ただ美白化粧品と言いましても、沢山の種類がございますので、ご自身に合った美白化粧品を探す事から始めた方がベターでしょう。例えば乾燥肌の方や、敏感肌の方、そして脂性肌の方など個人のお肌の性質によって違いがありますから、合う物、合わぬ物がございます。

刺激を感じたり、使用してみて嫌な感じがした場合はすぐに使用中止すべきです。